フジプラの新製品の業務用ラミネーターLPD3226Nが入荷しました。

2018年6月5日

本日フジプラの業務用 ラミネーター LPD3226 Meister6の後継機であるLPD3226Nが入荷しました。

早速1台箱から出して使ってみることにしました。

前モデルのLPD3226 Meister6と見た目はまったく同じです。

しかし新製品のLPD3226Nは電源を入れウォームアップが始まって待つことおよそ3分で使えるようになりました。LPD3226 Meister6が10分以上ウォームアップ時間があったので本当に早く感じます。

そしてラミネート加工をしてみましたが・・・どうした?

ラミネートした表面がボコボコと波打ってしまいました。

2枚目を加工してみましたがやっぱり同じです。

新製品のLPD3226NもLPD3226 Meister6と同じようにコピー用紙の100μの加工の場合はボタンの1を押せばちょうどよい事になっているはずなのですが、どうもラミネートが綺麗に出来ません。どう考えても熱が高すぎるようです。

そこでスピードは変えず108度から100度に下げたところ波打ちは少しなくなったのです。さらに95度に下げるととてもきれいにラミネート加工が出来るようになりました。

綺麗にラミネート加工するには加工するメディアによって温度とスピードの微調整は絶対必要であると思いますが10度以上というのは異常です。

オッサンが思うに初期不良ですね。最初から温度調整が間違っているのだと思います。

直ぐにメーカーに電話して対応してもらう事にしました。

ラミネーターに限らず機械ものは最初はどうしても何か問題がある物ですのでいたしかたない事だとも思います。だからお客様に販売する前に使ってみてチェックしてみる必要があります。

他にも急激に温度が上がる分温度の安定性がないような気がしました。

新製品は販売店やお客様からのいろんな指摘を受けて改良されていくのでしょう。

TOSショプでの販売はもう少し待つことにします。

*6月15日から販売開始しました。