パチンコ店からのラミネートフィルムの注文が激減だ

先日、横浜の郊外に納品に行った時、気になった事がありました。
それは、大きなパチンコ屋さんが何件か閉鎖されているのを見かけたからです。

パチンコ屋さんは、ラミネートフィルムを大量に使ってくれます。
オッサンのWEBショップでも全国から注文が来ています。

しかし最近は注文の量が激減しています。
メーカーの不備でラミネートフィルムの仕入れがままならなったのですが、やっと入荷するようになったと思ったら全然注文が入りません。
なかなか商売はうまくいかないものです。

パチンコ屋さんからの注文は250μや350μの超厚口のラミネートフィルムが主体です。
スタート札と呼ばれるものや販促案内、広告、機械の説明や手順などを厚くラミネート加工しプレートのようにして使われています。
通常の100μのフィルムに比べ単価が数倍高いので、パチンコ屋さんは売上も粗利的にも上得意のお客様です。

そんなパチンコ業界の記事をネットで最近よく見かけるようになりました。
気になっているから気づくのかもしれませんがね。

それらのパチンコ業界の記事は、厳しい話ばかりです。
店舗数が、最盛期の20,000店から最近は10,000店を割る軒数になっているとか、売り上げが30兆円だったのもが22兆円まで下がってきたとかいうものです。さらにパチンコ台や出玉の規制が厳しくなっているなどネガティブな話ばかりです。

単純に店舗の数や台数が少なくなるとラミネートフィルの需要は減ってしまいます。

パチンコ業界が元気でないとラミネート店には痛手です。
商売上は規制には反対ですね。

ギャンブル性が高いと文句言われ、パチンコ中毒者が多くなってしまうと懸念され・・・
なのに政治家はカジノを作ろうと・・・
オッサンには、よくわからない世の中になってきました。