在庫不足のラミネートフィルムの注文が多くて・・・困った!!

相変わらずフジプラ製品の在庫が整いません。ヒサゴ(株)の配下になっても商品の供給は、こちらの思うようにはなりません。

UV機能付きのラミネートフィルムや超厚口の350μのフィルムや幅広のロールフィルムなど、在庫がなくて困っている商品がたくさんあります。

2015年夏の中国天津での大爆発、2016年の中国での大洪水などで中国工場の稼働率が悪化したフジプラは、今年の春にヒサゴに吸収されてブランドを守ることになりましたが、継続する商品の扱いがまだはっきり決まってないのか、需要の少ない商品は、なかなか入荷しません。

ラミネートの専門メーカーとして商品供給の使命を忘れていないかなぁ!

フジプラのCPリーフ(ラミネートフィルム)は、販売を継続する商品の種類を選択しているようです。オッサンのWEBサイトでよく売れているUVカットフィルムなども一般的には、あまり売れていないのか今後生産を中止するかもわからないリストに含まれているようです。

オッサンは、メーカーとして従来どうりの商品の品揃えで生産販売をしてもらいたいと思っています。やっぱりフジプラを信用してラミネーターを購入して頂いているわけですから使いたいラミネートフィルムがないなんてことは言えないですよね。

フジプラはラミネートの専門メーカーであったので、ヒサゴ(株)もその所をもう少し考えて欲しいところです。

需要の少ない超厚口の350μの商品や幅広のロールフィルムの150μあたりの商品は生産されるのか心配です。

オッサンのWEBサイトでは、カードサイズの小さいラミネートフィルムよく売れています。それとパチンコ屋さんで需要の多い超厚口の350μのA3サイズなどが時々売れるのですが、最近はメーカー在庫がなくすぐに入荷しない場合が多いです。

商品を必要とするお客様に注文のキャンセルをする事は辛いものがあります。メーカーのヒサゴ(株)には、何とか商品供給の使命を考えて製造販売してもらいたいものです。