50代の負け組のラミネート店のオッサン

やはり定年まで会社にいられなかったラミネート店のオッサンは、世間では50代の負け組と呼ばれているのでしょうね。
年収も3分の1になってますから確かに自他共に認める負け組です。

当然、会社に残っても負け組である方も多いはず。
職場でのポストの数は決まっています。
同期でも部長までなれる人は、ほんの一握りでしょう。

もっとも、そんな事情を踏まえて担当部長とか部長代理、副部長なんていう役職を設けている会社もあります。
実際には、部下が一人もいないなんて事になっているんじゃないでしょうか。
当然、給料も上がらず、いや下がっている人もいるかもしれません。
会社にとっては、邪魔者ですから仕方ありません。

会社本音は、早く辞めてもらわないと若い人のポストがなくて困ってしまいます。
どこの会社でも50代は、厄介な存在です。そんなことを思っていないのは本人だけです。

それでも身の安全な会社に残った方が、絶対良いですね。
50代で年収が700万、800万あったら会社にしがみついていた方が絶対得です。
転職して年収が上がるような方は、ほんの一部の人です。

先日も、会社を辞めようかと考えている前の会社の同僚から相談を受けたのですが、絶対に辞めないで我慢して会社にしがみつけとアドバイスしたところです。

オッサンのように起業しても簡単に稼げるようにはなりません。
オッサンも起業しようとした時、数年で倒産する人がほとんどだから起業なんてやめた方がいいとさんざんまわりから言われたものです。実際に厳しいと思います。特にオッサンのように何かを販売するような仕事は私自身皆さんにお勧めできません。もしやるなら定価のないものか、原価のないものを扱えれば可能性はあるのですがね。仕入れがあるものは、資金繰りに苦労します。

50代の本人は、過去の実績を元に自己評価を高くしますが、残念なことに、他人の評価は、ビックリするほど低いものです。実際、オッサンも大会社の50代を採用しようとは、思いません。よほど、人脈でもない限り使い物にならないからです。

実務を知らない、出来ない人が多いのを知っているからです。
大多数の50代の管理職に方は、上を見て仕事をしています。
上が喜ぶ報告をする事だけを考えている方がほとんどです。
そういう社内営業が出世の鍵になっている会社がまだまだあるのも事実だと思います。

下からも評価されていること忘れていますから実際の仕事を知らない事もしばしばです。
部下が何を困っているのかもわかろうともしない人もいます。
上の顔をきにしながら、部下を責めてばかりいるような人が多いのが実態です。

50代で自分の給料分を稼いでる方は、少ないと思います。
さっきも言ったように、過去の実績にしがみついて高額な給料を貰えるのが当たり前だと思っていますから厄介です。

50代の負け組は、まず自覚して給料もら得るだけで、ありがたいと思って会社にしがみついているのが一番です。
間違ってもリストラに応じないようにね。

よそに行ったら使い物にならないと自覚してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする